메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기
アルトゥル飛行場__DSC97681111.jpg

アルトゥル飛行場

日帝強占期が残した格納庫

  1. DEL
    이미지 widget
    이미지 widget
  2. DEL


    アルトゥルは「下の原野」という意味を持つ綺麗な名前ではあるが、口を開けて所々に置かれているコンクリート建築物はただ醜い。アルトゥルの広い原野は日帝強占期に飛行場があった所で済州道の北側、今の済州国際空港として利用されているゾントゥル飛行場と共に植民地時代を代表する軍事施設である。1920年代の中頃から摹瑟浦地域の住民を動員して滑走路を含めた飛行機格納庫と弾薬庫などを10年にわたって作り、その後再び拡張工事を行った。日中戦争を起こした日本はアルトゥルを戦争の前哨基地にし、日本から飛んできた飛行機が注油をすれば上海、北京、南京まで空襲できたという。戦線を南方へ拡大した日本は真珠湾空襲で始まったアメリカとの戦争のために南部海岸を軍事基地化しながら本来は66㏊だったアルトゥル飛行場を264㏊の規模に拡張した。敗色が濃くなった日本が掲げた戦術である神風の操縦訓練をここでしたという。格納庫は爆撃に耐えるよう丈夫に作られて今でもかなりの衝撃にもびくともしないという。白菜畑やジャガイモ畑の所々に20余の格納庫があって中に入ってみることもできる。



  3. DEL

    이미지 widget
    이미지 widget
    이미지 widget
  4. DEL


  5. DEL
    ​​​​​​​
    이미지 widget
    이미지 widget
使用者の評価
0点
予約情報
Address 済州特別自治道西帰浦市大静邑上摹里
連絡先064-760-4012
ホームページ
利用ガイド
利用ガイド
아이콘
駐車施設
  不可
아이콘
言語サービス
  英語,
아이콘
便利施設
  誘導案内用設備,
아이콘
障がい者施設情報
  障がい者施設情報
일문 방문자 통계