메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기
ドキドキ秋の花旅、花道を歩こう「済州、秋の花旅」_01메밀꽃-전경.jpg
  1. DEL
    ​​​​​​​

    ドキドキ秋の花旅

    花道を歩こう, <済州、秋の花旅>

    秋の花で済州島は染まっていく。白い‘蕎麦花’、茶色の‘ススキ’そしてピンク色の‘コスモス’まで、秋の済州の花道を歩いてみよう!



    蕎麦の花咲く頃

    吾羅洞(オラドン)蕎麦花畑


    昔から済州島は石と風が多く、高い山まであり農業が難しい地域だった。農業環境としてはめぐまれていない土地、済州島でもぐんぐんと育つ作物があったが、それが蕎麦だった。蕎麦は昔から救荒作物で凶作の年になると主食として用いられた。そのせいなのか、済州の神話に出てくる「自請妃(チャチョンビ)」と呼ばれる穀物の神が天から5つの種を持って下りてきたという伝説が伝わるが、その5つの中の一つが蕎麦の種であった。


    蕎麦畑は済州島どこでも見られるが、 吾羅洞(オラドン)にある蕎麦畑は一番規模が大きく景色が美しいところだ。ここは観光スポットとして注目される前、農作業のため作られた25万坪のただの蕎麦畑だったが、2016年から開催された「吾羅洞蕎麦花畑祭り」により、9月中旬から末まで約2週の間一時的に一般公開している。時々台風の影響で蕎麦の花が倒れてしまうこともあるので、秋の初め頃に行くのがおすすめだ。ここは山間に位置していて、雲と並ぶ目線から済州を眺めることができる。広大に広がっている蕎麦畑を中心に、向こうには済州の都心が見られ、また片方には漢拏山と繋がるオルムの景色も見られる。


    ポップコーンのように、ぼたん雪のように白い蕎麦の花。蕎麦の花は近くで見ると小さいつぼみが愛らしい。蕎麦の花が咲く初秋には雨の日が多いが、曇った日には人も少ないのでのんびりとした雰囲気の中で花畑を楽しむことができる。蕎麦は時々霧に包まれて神秘的な雰囲気を醸しだし、まるで雲の中に入ってきたかのような白い世界が目の前に広がる。

    吾羅洞蕎麦畑



    住所 済州市 吾羅2洞 山76
    開放時間 祭り期間中(平日 AM09:30 ~ PM07:00、週末 AM09:30 ~ PM10:00)
    駐車場 駐車場あり、無料




    地上最大のススキ畑

    セビョルオルム


    済州の秋のススキは季節の訪れを知らせてくれるが、風にススキが揺れる音や香ばしい香りまで五感を刺激する。ススキ畑と向かい合ったら、しばらく目を閉じ、風の香りを嗅ぎ、ススキの音に耳を澄ましてみよう。


    セビョルオルムへと向かう道である平和路からススキの野原が見られる。オルムの入り口に立つと、妙に聳えたオルムの堂々とした姿が見え、ススキの世界に吸い込まれるような感覚になる。こんなに多いススキを見たことがあるだろうか?セビョルオルムは入り口から頂上、そして周りの丘まですべて銀色のススキが輝く地上最大のススキ畑だ。セビョルオルムでは3月オルム全体を燃やす「セビョルオルム済州野焼き祭り」が開かれる。オルムの全体が炎に包まれ、赤く染まる様はなかなか見られないので注目すべきのイベントの一つだ。



    セビョルオルムの登山路は短いだが、半分くらい登ると登るのをあきらめたくなるくらい結構な坂だ。子どもやお年寄りはオルム高さと結構な坂で少し恐怖を感じるかも知れない。オルムに登る時には歩きやすい靴で登山しよう。登る時は安全のため、左側のマットが敷かれた登山路を利用しよう。 登るのが苦手なら、オルムの周りにある平らなススキ道を歩いてみよう。モーセの奇跡のように割られたススキの道を歩くとススキのようにゆったりとした足取りで歩いているかも知れない。



    セビョルオルムの頂上からは海から山まで見渡せるパノラマのような済州島の景色を存分楽しめる。左側にはキラキラと輝く海と島が、右側には村と防風林が見え、また、上を見上げれば漢拏山まで見られる。

    セビョルオルム



    住所 済州市 涯月邑 鳳城里 山59-8
    開放時間 常時開放、年中無休
    駐車場 駐車場あり、無料




    乱れたススキの道

    クムベクジョ路


    秋の済州はあえて探さなくても自然に見つかるススキや蕎麦畑が多くあるが、特に松堂(ソンダン)と水山(スサン)をつなぐ6Kmのクムべクジョ路は秋になると銀色のススキがぎっしりと並ぶ景色が見られる。特に午後3時から日が暮れる間になるとススキの葉が、日差しに反射して白く輝く景色がとても素敵だ。間近でススキを感じることも良いが、遠くから白い風力発電機の風車がくるくると回り、野原にはススキが踊るように揺れる景色を満喫できるドライブコースはここ済州島だけの見どころだ。もっと風景をじっくり眺めたいなら、広い空き地のある展望台に駐車して周りを散歩するのもおすすめだ。

    クムベクジョ路



    住所 住所 済州市 旧左邑 松堂里 2234-3
    開放時間 常時開放、年中無休
    駐車場 なし




    秋の乙女

    コスモス



    秋に咲く花は多いが、その中でも秋といえば思い浮かぶ花は?と聞かれたら10人の中8人はコスモスと答えるだろう。秋風にゆらゆらと揺れるコスモスを見ていると、まるで好きな人の前で恥ずかしがる女の子のようだ。そしてこのかわいい女の子は済州島に欠かせない秋の主人公でもある。済州でコスモスが見られるところが結構多い。 静石(チョンソク)航空館の前、 鹿山(ノクサン)路と呼ばれる道の路辺には秋になるとコスモスが満開した景色を見ることができる。


    もし、車から降りてのんびりとコスモスが見たいなら、表善面(ピョソンミョン)に位置した城邑(ソンウプ)民俗村がおすすめだ。 城邑(ソンウプ)民俗村は今も住民が住んでいる過去と現在が共存している独特な町だ。村の城壁に沿って所々に咲いているコスモスは秋の訪れを感じさせてくれる。城壁の中に入ってくると、家ごとの石垣の上に咲いているコスモスを見るとまるで村の全体がお花畑のような錯覚を呼び起こす。また、村の空き地にはコスモス畑となっていて、秋を満喫する最適なスポットだ。

    城邑民俗村



    住所 • 西帰浦市 表善面 城邑旌義県路22番キル 9-2
    駐車場 駐車場あり、無料
    問い合わせ   • 064-787-1179



    < 関連おすすめスポット >

    サングムブリ詳しい情報 >

    住所 済州市 朝天邑 榧子林路 768
    営業時間 冬季 AM09:00 ~ PM05:00、夏季 AM09:00 ~ PM06:00 年中無休
    入場料 大人:6,000ウォン、子ども:3,000ウォン
    駐車場 駐車場あり、無料
    ホームページ http://www.sangumburi.net/
    問い合わせ 064-783-9900



    ハンパドゥリ抗蒙遺跡地  詳しい情報 >

    住所 済州市 涯月邑 缸坡頭里路 50
    営業時間 冬季 AM09:00 ~ PM05:00、夏季 AM08:30 ~ PM06:00, 年中無休
    駐車場 駐車場あり、無料
    問い合わせ 064-710-6721

Scroll Lock Scroll Lock
loading

コメント (0)

일문 방문자 통계