메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기
5月のおすすめ済州観光10選_메인이미지.jpg
  1. DEL
    5月のおすすめ済州観光10選眩しいほどに美しい済州であなたと共に

    5月の済州は美しく輝く。初夏を迎えた済州では、新緑や花々の鮮やかな色彩が眩しいほどに美しい。日差しもきらきらと輝き、花嫁たちが美しく見える5月、恋人と一緒にきらめく済州の初夏を楽しもう。

    太古の愛が育まれた地1. 温平里村、婚姻池

    のどかな温平里(オンピョンリ)村には運命的な婚姻説話がある。済州の始祖である「高氏、梁氏、夫氏」の三人が、碧浪國から来た三人の姫たちと出会い結婚したという説話である。三夫婦が愛を堅く誓いあったという「婚姻池」と新居として過ごした「新房洞」からは、太古の愛がそのままに感じられる。周囲には緑の芝と散策路が整備されており、のんびりと散歩を楽しめる。また、温平里の海では黄金に輝く夕日が鑑賞できる。大切な人との永遠の愛を望むなら、済州で最も古い結婚式場である「婚姻池」のある温平里村で、二人だけの約束をし合ってはどうだろうか。

    波音のレクイエム2. 城山浦 トジンモッ、咸徳 犀牛峰

    海をキャンバスにして済州の作り出した火山地形をそのままに描き出した城山浦(ソンサンポ)トジンモッと、エメラルド色に光り輝く咸徳(ハムドク)犀牛峰(ソウボン)海岸は、済州を訪れたら必ず行かなくてはならない場所の一つだ。輝く日差しを受けて踊るように揺れ動く城山浦トジンモッと犀牛峰は、済州4・3事件を知らない人には単に素晴らしい風景として映るだろうが、残酷な記憶が心に刻まれた住民たちにとっては、理由もなく命を落とさなければならなかった家族の魂が漂う場所である。途切れることなく続く波音は、犠牲者の霊を慰めるレクイエムとなって響き渡る。トジンモッに立ち目を閉じて、犠牲となった尊い命への追悼の意を込めて、風音と波音にしばし耳を傾けよう。

    あたなへの愛を込めて3. 済州石文化公園、橋来自然休養林

    初夏の済州の力を借りて、大切な人への気持ちを恥ずかしがらずに表してみよう。済州の美しい自然と文化が調和した済州石文化公園は、カップルが手をつないで歩くのにぴったりの場所だ。広々とした大地の上に済州本来の美しさを表現した済州石文化公園を気ままに歩けば、自然と心が安らいでいく。神話の庭園にある巨大な石をバックに、二人の愛を確かめ合う記念写真を撮るのもいいだろう。毎年5月には済州の創世神話の女神ソルムンデハルマン(ハルマン:お婆さんを意味する済州方言)を称えて、済州創世神話および文化の発展と伝承のための「ソルムンデハルマンフェスティバル」が開催される。ぜひカップルで訪れて済州の文化芸術に触れてみてほしい。また、済州石文化公園の横に位置する橋来(キョレ)自然休養林は、5月には緑に輝く。新緑のすがすがしい空気を味わいながら、済州の自然を満喫しよう。

    二人がともに歩む道4. ペギャギオルム

    100種の薬草が育つという意味で名付けられたペギャギオルム(ぺギャギ:百薬、オルム:寄生火山を意味する済州方言)は、頂上まで続く木の階段が印象的だ。空まで続いていきそうな長い階段をバックに永遠に続く愛を約束し合うカップルたちが、セルフウェディング撮影をするスポットとして有名だ。頂上までは30分ほどで着くので、散歩気分で登るのにちょうどいい。オルムを半分くらい登ったところで振り返れば、東には城山日出峰、西には 漢拏山の頂上まで見渡すことができ、その美しさに感嘆するだろう。

    降り注ぐ日差しに済州を感じて5. エコアクティビティー

    済州の日差し、風、青い空を存分に感じたいなら、済州のエコアクティビティーを体験してみよう。レンタルバイク、ホンバイクでは、5月の爽やかな青空を満喫できるリカンベント(寝そべって寝る自転車)が体験できる。済州イーブイロード(Electric Vehicle Road)では、電動キックボードで月汀(ウォルチョン)からソプチコジまで気の向くままに走ることができる。カップルで並んで海岸沿いを走れば疲れも吹き飛びリフレッシュできるだろう。済州レイルバイクでは、牧場を走るレールの上を走りながら大自然の魅力を満喫できる。5月の爽やかな風を感じながらペダルを漕いでいるうちに、済州がもっと身近に感じるようになっているはずだ。

    記憶の中の済州旅行6. 天地淵瀑布

    70~80年代、済州はハネムーンで訪れる地として人気が高かった。奇岩絶壁から荒々しく流れ落ちる天地淵瀑布(滝)は、当時人気を集めたハネムーンコースの一つだった。美しい韓服(ハンボク:チマチョゴリ)を着て微笑んでいる写真の中の新婚夫婦の姿は、今の私たちの姿に重なる。どきどきしながら済州を旅したであろう当時の父と母の様子を思い浮かべながら、同じ場所で同じ記憶を残してみよう。思い出の詰まった天地淵の滝では、昼だけではなく夜にも素敵な景観が待っている。夜9:20までに入場すれば10:00まで観覧可能だ。きらめく照明に映し出される美しい天地淵の滝も鑑賞に値する。

    月明かりの下で心を通わせて7. 牧官衙ムーンライトコンサート、三多公園夜間コンサート

    5月の夜、済州牧官衙(モックァナ)と三多(サムダ)公園は、昼間の落ち着いた雰囲気と打って変わり、祭りの空間へと変わる。「牧官衙ムーンライトコンサート」は、5月4~5日、20~21日の期間に済州の初夏の夜を演出する。世代を超えて人気を集める「牧官衙ムーンライトコンサート」は、カップルや友達、家族と一緒にでかけて楽しむのに最適なイベントだ。また、5月11日から7月6日まで毎週金曜日の夜に開かれる「三多公園夜間コンサート」では、様々な掘り出し物に出会えるフリーマーケットと、毎回異なるジャンルのアーティストたちが繰り広げる心踊る音楽が楽しめる。コンサートはどちらも無料公演となっているため、ぜひ足を運んで済州の夜の思い出を残してほしい。

    夜の市場で済州グルメ8. 東門市場夜市

    済州グルメ旅のシメは、東門市場の夜市で!済州の味にまだ満足できていないなら、夜6時から12時まで賑わっている東門伝統市場の夜市に行こう。新鮮な魚介類を素材にした、アワビキンパプ、サザエの串焼き、タコの鉄板焼き、タッセウ(済州でよく食べられるエビの種類)の揚げ物をはじめ、黒豚の串焼き、オメギ餅(済州特産品のヨモギ餅)、ハンラボンジュースなど、夜市をぶらぶら歩きながら食べるのにぴったりのメニューが勢ぞろいしている。美味しそうな匂い、魅力的なビジュアルが食欲をそそる。バラエティー豊かなラインナップには、思わずカメラを向けてしまう。十分にお腹を満たした後は、市場の周辺のドゥメンイ通りを歩いてみるのもいい。並んだ家々の壁に描かれた個性的な壁画が楽しい散歩道だ。

    花嫁のように白いベールに包まれて 9. 済州のミカンの花

    5月の済州は、みかん畑が白い花のベールに包まれる。みかんの花の香り漂う下孝村(ハヒョマウル)にある「芳橘堂(バンギュルダン)」では、地域住民が生産したみかんを使った多様な体験ができる。健康的な料理を提供する「下孝サロン」では、みかんタルトやハンラボンキャンドルを作る体験プログラムが用意されている。また、村の婦女会で手作りしているみかんジュースは、さっぱりとした味わいの中に優しい甘さが感じられる。好近洞(ホグンンドン)に位置する「エインみかん畑」は、みかんを使った多様な手作りジュースが味わえる。カフェの横にある農場からのみかんの花の香りも一緒に楽しみたいなら、5月に訪れることをおすすめする。この他にも、みかんの花のカフェ、ニュージャージーカフェ、ネイチャーキャンバスなど、みかんの花の甘い香りに包まれたカフェに出会える。

    竹の香りと共に味わう10. 茶籠ヒーリング弁当

    毎朝、西帰浦市の好近村会館からは炊きたてのご飯の美味しそうな匂いが漂ってくる。竹を編んで作った竹籠である「茶籠(チャロン)」の中に、きれいに並べられたアワビの肝のおにぎり、ビントッ(大根ナムルを蕎麦生地で包んだもの)、色彩豊かなジョン(チヂミ)、串焼きなどが目と舌を楽しませてくれる。通気性が良く料理が傷みにくい「茶籠」は、済州島民の知恵から生まれたものだ。茶籠ヒーリング弁当は「西帰浦治癒の森」でのみ取り扱っている(電話:064-760-3067~8/3日前までに電話予約要)。済州産の材料を惜しみなく使った贅沢な弁当をカップルで一緒に味わってみてはどうだろうか。また、「春の旅行週間(4月28日~5月13日)」には済州全域で多彩なイベントが開催されるが、茶籠ヒーリング弁当の写真を撮ってSNSに投稿するキャンペーンも行われる(参照:http://spring.traveljeju.or.kr)

Scroll Lock Scroll Lock
loading

コメント (0)

일문 방문자 통계