메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기
4月のおすすめ済州観光10選_대표이미지.jpg
  1. DEL
    ​​​​​​​
    4月のおすすめ済州観光10選私への贈りもの、ヒーリング済州

    4月の済州は疲れた心と体を癒やしてくれる。大きく深呼吸をして、自分をリセットすることのできる場所、済州にヒーリングに出かけよう。

    黄色い菜の花の海に染まる1.済州菜の花祭り(鹿山路、済州馬体験公園)

    春を感じてリフレッシュしたいなら、菜の花の海に飛び込んでみよう。済州を黄色く染める菜の花が最も多く咲き誇るのが、加時里村(カシリマウル)だ。鹿山路(ノクサンロ)では菜の花と桜が咲き乱れ、花の香が漂う。今年の済州菜の花祭りは、4月7日から15日までの間、鹿山路から済州馬(チョランマル)体験公園に至るまでのエリアで開催される。菜の花パレードをはじめ、菜の花ミュージックフェスティバル、ストリートパフォーマンスなど、多様な催しが行われる。また、菜の花の花冠作り、菜の花アロマディフューザー作りなどの体験イベントのほか、済州の味を楽しむブースも準備されている。600年の牧畜文化が生きている加時里村の「狭い甲馬場の道(チョルブン カンマジャンキル)」を歩きながら菜の花を満喫するのもいいだろう。黄色い菜の花の海で、済州の春を楽しもう。

    済州4・3の痛みを知る2.クンノルケとトエッケ

    済州4・3から70周年を迎える今年。もしかすると、あの日の痛みを身をもって体験した生存者たちにとっての最後の10周年となるかもしれない。済州4・3事件とは、1948年に済州島で発生した武力衝突と鎮圧の過程で数万人の住民の命が犠牲になり、130余の村が焼き尽くされた事件である。済州4・3を忠実に再現した映画『チスル(JISEUL)』のロケ地であるクンノルケとトエッケ(地下窟、4・3遺跡地)では、当時の人々の苦しみがそのまま感じられる。安徳面(アンドンミョン)東廣里(トンクァンリ)福祉会館から始まり、クンノルケを通ってトエッケまで続く4・3の道は、往復6kmのコースで2時間ほどかかる。寒さが厳しかった1948年の冬、120名余の住民たちが討伐隊を避けてクンノルケとトエッケに隠れた。地下窟の中で火を起こせば煙が漏れて見つかるかもしれないと、近くにある小さな洞穴で飯炊きをした。外に出る時は足跡が残らないようにと、石の上を歩いたり地面に乾いたワラビをかぶせたりした。現在、クンノルケとトエッケの入口は封鎖されており、地下窟に入ることはできないが、真っ暗な闇の中で息を殺して過ごした人々の心の痛みは感じ取ることができる。

    ちょっと一休み3.アンドル・バッドルオルム

    オルム(寄生火山)が多いことで有名な松堂里(ソンダンリ)に、双子オルムと呼ばれるオルムがある。内側にあるという意味の「アンドルオルム」と、外側にあるという意味の「バッドルオルム」の二つのオルムだ。標高365mとやや低めのオルムに見えるが、アンドルオルムに登り始めると、すぐに息が乱れてくる。野生の草花が多く見られるアンドルオルムの頂上に着くと、杉の群生地と緑の牧草地が目に飛び込んでくる。晴れた日であれば、牛島(ウド)と城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)を合わせて眺めることができるバッドルオルムに足を伸ばさないのはもったいない。アンドルオルムの頂上からバッドルオルムまで続く道を歩いてバッドルオルムの頂上に経てば、何とも言えない達成感を感じる。裾野を重ね合わせて支え合うように立っているアンドル・バッドルオルムに登ったら、一息ついて松堂のオルムが作り出した流れるような美しい稜線を鑑賞しよう。

    心躍る春の済州の桜道4.孝敦洞、訪仙門~吾羅C.C入口

    満開の桜を楽しむなら4月の済州がぴったりだ。長田(チャンジョン)、爲美(ウィミ)、済州大学、典農路(チョンノンロ)など、済州には桜の名所が多いが、のんびりと桜を楽しみたいなら、西帰浦市セソカッ近くに位置する孝敦洞(ヒョドンドン)の桜道をおすすめしたい。孝敦三叉路入口から続く桜のトンネルには、誰もが思わず足を止めて見上げてしまう。背の低い家屋と満開の桜の花が相まって独特の味わいを醸し出している。

    済州市に位置する訪仙門(バンソンムン)渓谷から吾羅(オラ)C.C入口まで続く桜道には、ソメイヨシノが散った後の名残惜しさを癒してくれるように、八重桜が色濃く咲き、4月の終わりまで私たちを楽しませてくれる。

    新緑の春を楽しむ済州の麦畑5.抗蒙遺跡地、加波島

    済州の風に揺れる麦畑の深い緑が、日常に疲れた私たちをリフレッシュさせてくれる。済州市涯月邑(エウォルウプ)に位置する缸坡頭里(ハンパドゥリ)抗蒙遺跡地には、広々とした麦畑が広がっている。土城探訪路に沿って作られた麦畑は入場無料で、緑のエネルギーを取り込むにはもってこいの場所だ。

    最も標高の低い島である加波島(カパド)では、4月10日から5月10日までの一ヶ月間、麦祭りが開かれる。島の標高が最高20m程度で、坂のない平坦な地形であるため、島を一周するのも1時間半もあれば十分だ。上洞浦口(サンドンポグ)から加波浦口(カパポグ)に続く5km余りのオルレ10-1コースを歩きながら麦畑を楽しむのもいいし、船着場周辺で自転車をレンタルしてサイクリングをするのもおすすめだ。

    元気をくれる海6.クノン海岸景勝地

    余裕のない都市での生活でたまったストレスを吹き飛ばしたいなら、どこまでも広がるコバルトブルーの海と岩壁にぶつかる波音が美しい海岸散策路を訪れてみてほしい。南元クノン海岸景勝地(ナムウォン クノンへアンキョンスンジ)は済州らしさを感じられる場所だ。「大きな岩が海を呑み込むかのように口を大きく広げた丘」という意味で名付けられた「クノン」の名前にふさわしく、海を呑み込みそうな勢いの黒い溶岩の塊の奇岩絶壁が壮観だ。青い空をそのまま映し出したかのような深い青色をした海に沿って、1.5kmの海岸散策路が作られている。ここからの眺めは、済州だけで見られる絶景である。また、散策路に茂る木々の枝が重なり合って作り出した、韓半島(朝鮮半島)の形が海に浮かんで見えるフォトスポットでは、ぜひ記念写真を撮っていきたい。

    森の中の散策路7.スンモルヒノキ林道

    済州の林道の名所として知られる「スンモルヒノキ林道」は、漢拏(ハンラ)生態の森のスンモル林道を通り、チョルムル休養林内にあるケオリオルムのヒノキ林を経て、コチンオルム周辺から頂上の林道まで続く全長8kmのコースだ。空に突き刺さるように高く伸びたヒノキの木々の間に立って、慌しい日常を忘れ、自然が与えてくれるエネルギーを体で感じてほしい。木々が放出する香りの成分であるフィトンチッドを十分に浴びるには、午前10時から12時までが最も適しており、3時間程度歩くことで森林浴の効果が得られるという。2時間半から3時間程度要するスンモルヒノキ林道は、フィトンチッドでリフレッシュするのに最適な場所だ。バスを利用しても行きやすいところにあるので、ウォーキングが好きな方はぜひ訪れてみてほしい。

    4・3事件に思いをはせる8.「4・3 70周年企画展」

    赤い椿の花が70回咲いて散った今もなお、4・3事件の痛みが癒えることはない。済州4・3から70周年を迎える今年4月、追悼のための文化芸術展示会が済州の各地で開催される。芸術という形で済州4・3を振り返り、人々の味わった苦しみ、痛みに思いをはせてみよう。

    済州文芸会館では「4・3 彼らの記憶」というテーマで展示が行われる。また、Art Space IAaおよびArtspace・Cでは、済州文化芸術家たちが参加する「済州4・3 70周年 第25回4・3美術展」を見ることができる。済州に訪れた際には、ぜひ済州4・3について知る機会をもってほしい。また、ソウル市の各文化空間においても「眠らない南道 4・3 70周年記念特別展」が開かれる予定だ。済州4・3 70周年を記念して開かれる文化イベントについてはhttp://43jeju70.netを参考にされたい。

    私を満たす時間、済州への贈りもの9.アップサイクル工房

    疲れた私たちの心を体を癒してくれた済州のために、小さなお返しをしてみるのはどうだろうか。捨てられたサザエの殻、海に流れ着いたガラスのかけら、流木などを使って手作りの小物を作ることができるアップサイクル工房を紹介する。不要になって捨てられたものに自分の感性で手を加えることで、済州旅行の思い出のつまった世界にたった一つのオリジナルグッズを作ることができる。

    「チェジュスロン」では、間伐材のヒノキやサザエの殻を使い、オルレ(通りから家の入口まで通じる狭い路地を意味する済州方言)やブルトク(海女が着替えや火をつけて体を温める目的で使った円形の石垣)など済州ならではのものをモチーフに、フットランプなどのおしゃれな照明を作ることができる。「チェジュドチョア」では、波で削られたガラスを使ったブローチ作り、ビーチコーミング(海岸に打ち上げられた漂着物を収集すること)した材料を使ったモービル作りなどを体験できる。「パダスギ」でも、海辺に流れ着いた流木やゴミなどに童話的な想像力を加えたアップサイクル体験ができる。済州の自然のためになる思い出作りを楽しもう。

    あっさりとした済州の味10.済州ワラビ

    ワラビの季節になると、済州の人々は暗いうちから起きて水筒に温かいコーヒーを入れ、連れ立ってワラビ採りに行く。済州のワラビは「クォルチェ」と呼ばれ、王に献上されたほど味と香りが優れている。香りのよいワラビの和え物、済州黒豚と合わせて炒めたワラビ炒め、ゆで豚とワラビをじっくり煮込んだワラビへジャンクッなど、済州では多様な調理法でワラビ料理が楽しまれる。血液をきれいにし、新陳代謝を促して体内の老廃物を排出させる効果を持つワラビは、疲れがたまりやすい4月の健康維持にぴったりの食材だ。4月28日、29日の二日間に開かれる「漢拏山清浄ワラビ祭り」では、ワラビ採りを体験するとともにワラビ料理も味わうことができる。

Scroll Lock Scroll Lock
loading

コメント (0)

일문 방문자 통계