메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기
비양도_01.jpg

飛揚島(ビヤンド)

「飛んで来た島」という名前の意味を持つ飛揚島。約千年前の火山爆発によって誕生した最も新しい火山活動の痕跡とされています。 サイクリングや散策にうってつけの海岸沿いには、乳飲み子をおぶった母親の姿に似た岩や、象の形の岩、火山弾などが見られます。 飛揚島には約40世帯、100人余りの住人が暮らしており、足りない食用水は済州本島から引かれている海底水道で補っています。 翰林港から往復運航されるフェリーに乗れば、15分程度で飛楊島に到着します。
      일문 방문자 통계